ユーコさん勝手におしゃべり

9月21日
 先週、茨城・栃木・福島を巡るあちこち散策の旅に出た。お米や栗にぶどう、梨にりんごと、車で道路を走っているだけで秋を感じる。まぶしく白い花が拡がるそば畑も眼福だった。
 台風14号が来る前で、おおむね好天だったが、那須高原へ入ると、霧雨が降ったりやんだりしてきた。
 空模様を見ながら、雨のやみ間に、那須平成の森を探検した。フィールドセンターの建物に戻ってくると、また雨が降り出した。雨宿りもかねてひと休みする。ベンチ回りの書棚から、ソロー『森の生活』の題名が目に入り、その色味と絵柄にひかれて手に取った。
 霧雨のやむまで読み、書棚に戻すときに題名をメモした。
 いそっぷ社、「ソロー『森の生活』を漫画で読む」 ジョン・ポーサリーノ編・絵
 絵本のような作りの本である。帰宅後、さっそく購入して、今じっくりゆっくり読んで(見て)いる。
 よい出会いをした。立ち寄った数々の古刹名所も、沼ッ原湿原も良かったけれど、一冊の本と出合えたことが、この旅の一番の収穫となった。

9月19日
 彼岸花はえらいなぁ。
 先週からチラホラと沿道や旅先でヒガンバナを目にしてきたが、台風の影響で降った昨日来の雨がいったん引いた今朝、買い物に出ると、道端に鮮やかな赤が、そして清廉な白が目に入った。大風が雲を吹き飛ばした後の やけに強い日差しの下で並んでいる。
 台風や地震の天変地異の連続にもめげず、彼岸の週に満開を揃えてくる。

   欲はなく、 けっして怒らず  

こんな風に私も生きたい。

8月のユーコさん勝手におしゃべり
それ以前の「おしゃべり」